白衣の見た目やバリエーションの変化|昨日までとは機能が違う

Medical, nurse

白い色の意味

足の疲れに悩んでいる人は、ココでチェックしましょう。白衣やスクラブについて色々な情報を記載しています。

スクラブや白衣を購入したいなら、こちらの通販サイトがおすすめですよ。品質の高さが人気を集める理由です。

医師と看護師

白衣は、広い分野にて使用されている上着です。医療の現場にて医師やナースが着ているのを見ることができるほか、研究職の人や工学・理学系の学生なども多くの場合白衣を着用しています。
そんななかでもここでは、ナースが着用している白衣について紹介していきます。

現在、病院にてナース服を見てみると、さまざまなカラーのものが存在していることがわかります。白いものがあれば、水色のものもあり、ピンクやグリーンのカラーも見つけることができます。そのため、ナースは必ずしも白衣を着けているわけではありませんが、多くの人が「ナースは白衣を着ているもの」という印象を持っているのではないでしょうか。
実際、少し前まではナースの制服は白とされており、ほかの色を見ることはありませんでした。これはどうしてでしょうか。

日本のナースが白衣を着るようになったのは、ナイチンゲールに由来しているとされています。
ナイチンゲールといえば、ナースの象徴的存在。近代看護教育の母として広く知られており、イギリスにて、病院建設や医療衛生の現場において多大なる活躍をしました。
そのナイチンゲールが使用していたエプロンが白い色をしていたため、ナースの制服にも白が採用されたと言われています。

そのような由緒正しい色である白衣ですが、現在は白だけに限定されてはいません。それは、白は清潔感のある色というよい面を持つ反面、威圧感や圧迫感を与えるというデメリットもあるからです。白は物体を実際より大きく見せてしまうため、子どもが白衣に威圧感を感じ、泣いてしまうという問題がありました。そのため、現在はピンクや水色などの淡い色も積極的に採用されているのです。

抗がん剤用の帽子でオシャレも楽しむことができます。いろいろなデザインがこちらで販売されているので一度覗いてみてはいかがでしょうか。

ネットショップを利用

女性医師と看護師

ナース用の白衣を購入するのであれば、ネットショップが便利です。個人で購入する場合は、デザイン性に優れたものを探すことができますし、団体で購入するのであれば高機能な白衣を安価で大量に購入することができます。

Read More

高機能なナース服

女性医師

ナース用の白衣は見た目にいろいろと変化していますが、機能面でも大きな変化がいくつもあります。ストレッチ素材や静電気に強い素材を使用していることに始まり、ポケットを腰回りにつけるなどの工夫もなされています。

Read More

現在のバリエーション

カルテを見る医師

ナースが着用する白衣は、現在バリエーションが増えてきています。スカートスタイルが普通でしたが、セパレートタイプが登場し、パンツスタイルが増えてきています。また、色のバリエーションにも多様性が見られるようになっています。

Read More